マイホーム

マイホームブルーとは?後悔しないための対策法

マイホームの購入というのは、理想的な自宅に住めるという喜びと大きな事をしたという達成感を感じる人もいますが、逆にこれから背負わなければいけない苦労を考えてやめておけばよかったと後悔してしまう人もいます。マイホームブルーとは、マイホームを購入するとき、あるいは購入を検討しているときに、そのようにひどい後悔にさいなまれる状態のことで、一度そうなってしまうと毎日が苛立ちや不安で気持ちが支配されて精神が安定しません。

マイホームブルーで心が苦しくなると、周囲の家族に八つ当たりしてしまうこともあり、そのことで深刻な溝ができれば修復できずに離婚となってしまうので、マイホームを購入する話は立ち消えになります。マイホームブルーが原因で離婚なんてしたくないならば、なんとかして元気な状態に戻すべきですが、そのためにも特定するべきは、マイホームの購入することがどうして後悔をもたらすのかという理由です。

よくあるマイホームブルーになる理由は、資金面のことであれば何十年も返済をしていくことができるのかという不安ですが、数千万円もの大金ですからそう思うのはそれほどおかしなことではありません。ただ、住宅ローンを借りるときには、これからどうやって返済をしていくのかをシミュレーションしているはずなので、ほとんどの人はよほどのことがない限りは返済計画は実行できるという確信を持てます。もし、資金面での不安が拭いきれないようであれば、専門家を交えて家族全員で返済のシミュレーションをやりなおしてもらうことで、返済はそんなに無理なことではないと納得してもらいましょう。

あと、マイホームブルーになる理由として立地の問題があり、今まで住んでいた環境が一変したことで人間関係をゼロから築かなければいけないとか、通勤時間が長くなって自宅に帰るのが大変になったといったことが引き金になります。立地の問題は、人間関係のことであれば新たな友人をつくることで改善できますし、通勤時間はその時間を有効活用する手段を見つけることで苦痛を減らせるので、工夫次第でなんとかできることもあります。とはいっても、動物や虫が嫌いな家族に田舎の暮らしをさせるとか、周辺住民と反りが合わずに孤立してしまったと言ったことが原因なら容易に解決できないことなので、そういうときは購入をやめたり売却してしまうのも選択肢の一つです。

マイホームブルーというのは、購入前によく家族でよく話し合うこと、そして購入後には不満ばかりに目を向けるのではなく満足できることにも目を向けることで克服できます。考え方を切り替えるというのは、なかなか簡単にはいかないことかもしれませんが、特に他人から自分がどう見られているのか気になる人ほどネガティブな思考に陥りやすいので、自分のペースで過ごせる環境や時間をつくることが対策としては有効です。

関連記事
noimg
ローコスト住宅とは?特徴・メリット・デメリットを徹底解説

マイホームが簡単にできない理由の一つが、返済期間が何十年にも及ぶ住宅ローンを組まなければ購入できない程に高いことですが、そういった状況を変え...

記事を読む

noimg
夢のマイホームを入手するには貯金をいくら残すのが妥当?

マイホームを購入するときには、最初に支払う頭金を多めに払っておけば利息の負担が減りますが、生活をしていくためのお金をある程度は残しておかなけ...

記事を読む

家
マイホームで失敗しないためには「体験宿泊」が最適!

洋服であればお店で試着することでサイズや着たときの見た目を確認できますが、マイホームでは購入するまではその住宅で暮らすことはほとんどないので...

記事を読む

noimg
賃貸住宅に退去する時の注意点【基本知識】

マイホームを購入するまで賃貸物件に入居していたのであれば、退去する準備に取り掛からなければなりませんが、その際のいろいろと気をつけなければい...

記事を読む

noimg
快適なランドリールームの特徴【間取り・広さ】

マイホームでは洗濯・乾燥・アイロンがけ・たたむといった作業をするランドリールームというのが意外と重要で、間取りについていえばバルコニーや庭の...

記事を読む

noimg
マイホームの土地探し【ポイント&注意点】

マイホームの購入で後悔する原因を調べていくと、そもそも土地探しを間違えているということもあるので、そんなことにならないよう候補となる土地はど...

記事を読む

noimg
リビングの印象は照明で劇的に変わる!【選ぶポイント】

リビングは家族が団らんする場所であり、来客をもてなす場所でもある重要な場所ですから、快適な空間にしなければいけませんが、その際に重要なポイン...

記事を読む

家
ペット可能の物件を選ぶ時の注意点

ペットを飼っている人がペット可能の物件を選ぶとき、戸建て住宅や管理規約でペットの飼育が認められている集合住宅が候補になるでしょうが、それだけ...

記事を読む