マイホーム

リビングの印象は照明で劇的に変わる!【選ぶポイント】

リビングは家族が団らんする場所であり、来客をもてなす場所でもある重要な場所ですから、快適な空間にしなければいけませんが、その際に重要なポイントになるのが煌々とリビングを照らす照明です。照明の選び方ですが、まずはその特徴に注目するべきで、一般的な家庭で使われるシーリングライトは部屋を全体的に明るくしてくれるので基本といえる照明で、天井をより広々とした見た目にしたいのであれば照明を埋め込むダウンライトを選びましょう。光に方向性をもたせることでリビングで注目させたい場所をつくりたいならば、シーリングスポットライトにしておくとお洒落になり、光を間接的に照らし出すことで柔らかさをもたせる間接照明はリビングを癒やしの空間にしたいときには最適です。

これらの照明の特徴をもとにした選び方では、光の当たり方や色合いで好みのものを選ぶだけでなく、部屋の広さにあっているかどうかも確認しておくべきで、光が部屋の隅にあたらなくて歩くときや読書がしにくいというのでは不便です。しかしながらリビングの照明は主となるものに加えて補助を設置することもでき、壁際や足元などに補助いくつも設置しておくことで前述の光が届きにくい場所の問題が解決でき、過ごしやすさが大幅に変わります。

どのタイプの照明にするのか選んだならば、さらにデザインが選び方のポイントになるのですが、ただ自分の好みにあうものを選べばよいわけではなく、リビング全体と調和できるかが重要になります。例えば、アンティーク調の家具でリビングの雰囲気を統一しているのに、照明だけはモダンなデザインというのではデザイン的に浮いてしまうので、同じアンティーク調で揃えたほうが素敵な空間になるでしょう。デザインでは近くにある壁やガラスとの組み合わせも選ぶポイントになり、木の壁ならば板の色をより魅力的に見せるデザインはどんなものか、ガラスに反射してリビングを照らしてくれる様子が美しいのはどれかといったことで選べます。

照明ではどの電球を使うのかで、光は変わりますが、古くから使われている白熱電球は温かみがありつつも寿命が短いので頻繁に交換しなければならずコストが掛かるのが難点で、蛍光灯になると色と明るさが増えて比較的に寿命は長いです。LED電球は最近の主流であり、さらに複雑な色や明るさの変化を楽しめて蛍光灯と比べて消費電力が少なく非常に寿命が長いことから経済的な電球とされていますが、光の進む方向が直線的で暗く感じることがあります。

関連記事
noimg
夢のマイホームを入手するには貯金をいくら残すのが妥当?

マイホームを購入するときには、最初に支払う頭金を多めに払っておけば利息の負担が減りますが、生活をしていくためのお金をある程度は残しておかなけ...

記事を読む

noimg
賃貸住宅に退去する時の注意点【基本知識】

マイホームを購入するまで賃貸物件に入居していたのであれば、退去する準備に取り掛からなければなりませんが、その際のいろいろと気をつけなければい...

記事を読む

noimg
快適なランドリールームの特徴【間取り・広さ】

マイホームでは洗濯・乾燥・アイロンがけ・たたむといった作業をするランドリールームというのが意外と重要で、間取りについていえばバルコニーや庭の...

記事を読む

家
ペット可能の物件を選ぶ時の注意点

ペットを飼っている人がペット可能の物件を選ぶとき、戸建て住宅や管理規約でペットの飼育が認められている集合住宅が候補になるでしょうが、それだけ...

記事を読む

noimg
ローコスト住宅とは?特徴・メリット・デメリットを徹底解説

マイホームが簡単にできない理由の一つが、返済期間が何十年にも及ぶ住宅ローンを組まなければ購入できない程に高いことですが、そういった状況を変え...

記事を読む

家
マイホームで失敗しないためには「体験宿泊」が最適!

洋服であればお店で試着することでサイズや着たときの見た目を確認できますが、マイホームでは購入するまではその住宅で暮らすことはほとんどないので...

記事を読む